読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M12i.

学術書・マンガ・アニメ・映画の消費活動とプログラミングについて

エヴァ・イオネスコ監督『ヴィオレッタ』


映画『ヴィオレッタ』予告編 - YouTube

バタイユを読む母親」は、自分自身の性的トラウマやその根源に対して、娘の身体、そのポーズ、その視線を通じた代理なしに立ち向かうことのできない、そしてそのようにしてでも立ち向かわざるを得ない人物。その娘は母親と母親の作品=自分自身に対してアンビバレントな感情を持つが、最後にはそれらを否定し逃走する。そんな感じ。ふつうの葛藤劇として観てしまったけれど、「芸術ってなに?」「親子ってなに?」的な視点で観る人もいるかもしれない。