読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M12i.

学術書・マンガ・アニメ・映画の消費活動とプログラミングについて

アサダニッキ『星上くんはどうかしている』

1年くらいまえに1巻を読んだ後、5巻まで発刊されていたものは読まずに居ました。

『王子が私をあきらめない!』などがとくにそうですが、この作者さんの作品は設定や話の展開のしかたは少々荒っぽく、そこがなんとなく気になって没入感が削がれる感じるところがありますした。まあそれも潔さというか、凝った設定で不自然さをごまかさないということなのかもですが。

それは、ともかくとして。最近ふと思い立って2巻以降を読むと、少女漫画としてベタな(ベタすぎる)展開と、その展開の合間合間に頻繁に挿入される「星神くん」やその他周囲の人間に対する主人公の激しいツッコミの、この往復がけっこう面白いことに気が付きました。

『王子が・・・』のAmazonカスタマーレビューでも「この作者さんの魅力は主人公のツッコミ」というのを読んだ記憶がありますが、なるほどな、と思った次第です。