読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M12i.

学術書・マンガ・アニメ・映画の消費活動とプログラミングについて

竹内真『ぱらっぱフーガ』

ぱらっぱフーガ

ぱらっぱフーガ

『ヒトリコ』と『屋上のウインドノーツ』の流れで手に取りました。著者はちがいますが。吹奏楽つながりで。そして初野晴の『退場ゲーム』で吹奏楽が体育会系だと折にふれて言及されていることに若干実感が湧いてくるような作品でした。

フーガというタイトルは2人の主人公のそれぞれの視点での叙述が交代々々となってお話が進むところから来ている様子。同じ吹奏楽でも異なる道があるのだ、また異なる道のあいだで交流もあるのだということに気づいていく、高校生男女の成長物語です。この数年のあいだに読んできた本のなかではまずいちばんにまっとうで捻くれたところのないお話で、ちょっと物足りなさを覚えてしまいました…。