読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M12i.

学術書・マンガ・アニメ・映画の消費活動とプログラミングについて

加藤陽子『それでも、日本人は「戦争」を選んだ』

book historical science

それでも、日本人は「戦争」を選んだ

それでも、日本人は「戦争」を選んだ

中学高校で勉強した日本史というのは私にとって事件や法制度の用語が無秩序に登場するややこしい科目というイメージであった。その大半は結局のところ自分自身の勉強に対する主体性だとか積極性だとかの欠如に起因していたのだろうけれど。

その点本書の論述・講義の進め方というのは種々のアクターからなる因果論としてまとめられているのでわかりやすい。

もっとも総合的な論述というのはいずれもそうなる運命なのだろうけれど、著者の歴史的事実の説明はやはり大雑把すぎる感は否めない。

また個人の好みの問題として、各国の君主や首脳陣、外交官や上級軍属らの史料をもとに表象される各「国民」史=国際政治史というのはどうしても大文字の歴史となる。
それは本書のタイトルにも現れているのだけど、私としてはやはりアナール系の、したがってより社会学的でもある歴史理解がぴったりとくる、そういう再確認をする機会にもなった。