読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M12i.

学術書・マンガ・アニメ・映画の消費活動とプログラミングについて

VS for Mac正式版インストーラを実行したらXamarin 6.3がインストールされた。。

この程正式版リリースとなったVisual Studio for Macですが、さっそくそのインストーラをダウンロードし実行してみたらXamarin Studio 6.3がインストールされました。。もちろんVisual Studio for MacはXamarin Studioをベースにしています。そうはいってもXamarin Studio 6.3とVisual Studio for Macはあくまでも別物です。というかXamarin Studio 7.0=Visual Studio for Macということのようです。

今回の手順は以下の通り:

  1. Uninstall Xamarin Studioの手順にしたがいXamarin Studioのアンインストールを実施*1
  2. Visual Studio for Mac公式サイトから"Visual Studio Installer.dmg"をダウンロード
  3. 上記インストーラを実行してインストールを実施
  4. ウィザードの"何をインストールしますか?"の表示内容を確認しつつ以降すべてデフォルトのまま先に進む*2

f:id:m12i:20170513191419p:plain

数時間後、インストール完了の画面が表示されたので、画面下部の"Visual Studio の開始"をクリックしてみました。

f:id:m12i:20170513191438p:plain

すると、あーら不思議、以下のようにXamarin Studio 6.3が起動しました。。

f:id:m12i:20170513191455p:plain

気を取り直して以下の手順でリトライします。6.3のアンインストールは行っていません。

  1. macOSを再起動(意味はなさそう、でもまあとりあえず)
  2. "Visual Studio Installer.dmg"を使ってインストーラをもう一度起動
  3. ウィザードの"何をインストールしますか?"の表示が若干変化していることを確認しつつ淡々と先に進む*3

f:id:m12i:20170513191721p:plain

数十分後、インストール完了の画面が表示されたので、画面下部の"Visual Studio の開始"をクリックしてみました。すると、今度こそVisual Studio for Macが起動しました。やったね!(?)

f:id:m12i:20170513192155p:plain

公式サイトには「使い慣れた IDEMac でも利用できるようになりました。」などとあってネーミングも"Visual Studio"ですが「ようするにXamarin Studioのメジャー・バージョンアップでしょ?」と構えていたらバージョンアップすらしていない"Xamarin Studio"がインストールされてしまったという、ヘンテコな事象でした。

*1:途中、この記事に提示されたコマンドのままでは権限不足エラーになってしまうものがありました。それらについては先頭にsudoを付けて実行し直しました。

*2:このときVisual Studio for Macのラベルの左側に"○"印が表示されているのと、右側にバージョン番号として"6.3"と表示されているのが気になるところです。

*3:Visual Studio for Macのラベルの左側に今度は見慣れたアイコンが表示されていますし、右側にバージョン番号として"7.0.0"と表示されています。