読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M12i.

学術書・マンガ・アニメ・映画の消費活動とプログラミングについて

重力キックはやはりイナズマキックだったらしい

anime


『GRAVITY DAZE 2』 GRAVITY DAZE The Animation ~Ouverture~(Face A)

Gravity Daze 2の前日譚を描くアニメ。

「へえ、スタジオ・カラーがアニメ制作ねぇ・・・」と思っていましたが、キトゥンとクロウのダブル・重力キックのシーンで思い出しました。第1作目をプレイしているときに感じた「重力キックってなんかイナズマキックっぽくない?」という疑問もしくは予感を。ネヴィは宇宙怪獣もしくは重力変動源っぽいし、主人公・キトゥンは記憶喪失の重力姫、つまりノノ(記憶喪失)+ラルク(「姫」)だし、そう云えば劇中音楽もともに田中公平氏。

そして今回のアニメ版の問題のシーンはまるっきりそれ、つまり『トップをねらえ2!』の終盤でエグゼリオ変動重力源に対してノノとラルクが繰り出したダブル・イナズマキックでした・・・。カラーの、ということは元Gainaxのということですが、その制作陣お得意の自己流用に、ニヤニヤしてしまいました。