読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M12i.

学術書・マンガ・アニメ・映画の消費活動とプログラミングについて

XamarinでつくったTestFixtureをVisualStudioで実行する

C#

前提

Xamarin Studio(以下Xamarin)ではVisual Studio(以下VS)と同じソリューション構成でC#のコンソールアプリを作成できます。前掲の通り3つの.NETプラットフォームは、それぞれに異なるアプリケーションモデルを提供していますが、コンソールアプリはいずれにおいても提供されるのものです。これに加えてXamarinではVSと同じソリューション構成を取るので、Xamarinで作成したソリューションはそのままVSでオープンすることができます。

以降のお話で出てくる各製品のバージョンは:

問題

Xamarinで追加したNUnitライブラリプロジェクトのTestFixtureは、そのままではVSに認識されず、メニューの[テスト]や[テストエクスプローラー]から[すべて実行]を行っても何も起こりません。

解決

NUnitとVSを統合するためテストアダプターなるNuGetパッケージをソリューション配下のプロジェクトに追加します。追加してもXamarin側では何も変化がないようですが、VS側ではNUnitテストケースが認識されるようになります。VS 2015における手順は以下のとおり:

①[ソリューションエクスプローラー]でソリューションを右クリック→[ソリューションのNuGetパッケージの管理]をクリック。

f:id:m12i:20160911204428p:plain

②表示された[NuGet - ソリューション]画面の[参照]タブをクリック。検索キーワード欄に「NUnit Test Adapter」と入力してパッケージを検索。

f:id:m12i:20160911204452p:plain

③検索結果から「NUnit3TestAdapter」を選択。検索結果の右側に表示される枠内でパッケージ追加対象プロジェクト(とバージョン)を選択したら[インストール]をクリック。

f:id:m12i:20160911204519p:plain

④パッケージ追加が終わったらメニューから[テスト]や[テストエクスプローラー]から[すべて実行]をクリック。

f:id:m12i:20160911204621p:plain