読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M12i.

学術書・マンガ・アニメ・映画の消費活動とプログラミングについて

Mac OS X 10.11.6でMicrosoft AutoUpdate 3.6.0インストールに失敗する

macOS

手持ちのMacBook(12インチ)のMac OS X 10.11.6でMicrosoft AutoUpdate 3.6.0インストールに失敗する問題が起きており、しばらく余裕がなく放置していたものの昨日今日いい加減うざったくなり調べてみたところ、例によって先達がいらっしゃいました。

私のPCで起こる症状としては、Officeを起動するなどした時に定期的に起動するMicrosoft AutoUpdateが自身の更新プログラム(3.6.0)を発見し、ユーザ(私)にアップデートをするかと質問してくるので、これに「はい」と答えるとダウンロード・プロセスに入るもののプログレスバーは0%のままで、しばらくすると「予期せぬエラー」で停止してしまう、というもの。

下記のフォーラム記事で話題となっているのはMicrosoft AutoUpdate 3.3ですが事情は同じようで、サポート担当の方が案内されている下記のDNS設定法ですんなり解消しました(192.168.2.1というIPアドレスになっていたものを8.8.8.8に変更した)。

answers.microsoft.com

DNS サーバーを変更してみる
※元から DNS サーバーが指定されている場合は、メモに控えてから試してみてください。
「システム環境設定」 > 「ネットワーク」 > 右下の「詳細」 > 「DNS」タブ > 左枠の「DNSサーバー」の「+」 をクリックして 「8.8.8.8」 を入力し、「OK」 > 「適用」 で画面を閉じる

なお、「8.8.8.8」は Google Public DNS の IP アドレスです。
Google Public DNS については次のページの説明が参考になると思います。
◇Google Public DNSとは