読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M12i.

学術書・マンガ・アニメ・映画の消費活動とプログラミングについて

LaVie G タイプZのUbuntu 13.10とJAMBOXを接続する

Linux

f:id:m12i:20140324215523p:plain

Ubuntu 13.10とJawboneのポータブルスピーカJAMBOXを接続してみました。

JAMBOXのファームウェアをアップデートしたりカスタマイズしたりするためのユーティリティはWindows向けとMac OS X向け以外存在しないようですが、ともかくBluetooth接続のスピーカとしてはふつうに使えるようです。

  1. JAMBOXの側面スイッチを上側に長押しし接続を待機するモードをONにする。
  2. Ubuntuの画面右上Bluetoothのアイコンをクリック。
  3. 表示されたプルダウンメニューの「新規デバイスのセットアップ」をクリック。
  4. 表示されたウィンドウで「デバイスの種類」に「ヘッドフォン、ヘッドセット、その他オーディオ・デバイス」を選択。
  5. しばらく待つと上側の一覧に「JAMBOX」という名称でデバイスが表示されるので(下図は表示される前の状態)、これを選択して「続行」をクリック。


f:id:m12i:20140324215147p:plain

以上で、デバイスの接続は完了しますが、音声出力先は自動では切り替わりませんでした(まあこのほうが親切に感じますね、私は)。

  1. (再度)Ubuntuの画面右上のBluetoothアイコンをクリック。
  2. 表示されたプルダウンで「JAMBOX by Jawbone」→「サウンド設定」をクリック。
  3. 表示されたウィンドウの「出力」タブ内、「サウンドの出力先」で「Headset JAMBOX by Jawbone」をクリック。
  4. 右側に表示される「Headsetの設定」で「モード」を「ハイファイ再生(A2DP)」を選択。


f:id:m12i:20140324215112p:plain

これでJAMBOXを通じて音声出力が行われるようになりました。

前述の通りファームウェアの問題は残るのですが、本当に必要になったらWindowsが稼働しているデスクトップPCを頼ることにします。