読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M12i.

学術書・マンガ・アニメ・映画の消費活動とプログラミングについて

攻殻機動隊ARISE border:1 Ghost Pain


例によって登場人物たちが「そういうことかっ!」と得心のことばを漏らしても見ているこっちにはなんのこっちゃあ分からない…。まあ攻殻機動隊はそういうものです。あたまのいい人には「真実」が見えるのかも知れないけど。また観て納得すればよし。

当たり前ではあるけれど、映画版なのでProduction I.Gの仕事にむらっけはなし(TV版だとここが問題になる)。作画品質に問題はない。GHOST IN THE SHELLのような大事件性やイノセンスのようなきらびやかな演出というのはなく、そういう意味ではTV版の2作品に近しい位置づけではあるけれど。

ストーリーについては前述の通り。そこここにちりばめられた偽装、誤認を誘うあれこれ、目まぐるしく展開する事件捜査。TV版よりもそこらへんは濃縮されていて、たのしい。あと草薙素子の声優を坂本真綾にしたのは、ARISEの脚本の中で草薙に付与されているパーソナリティ的に正解なのだろうと思う。