読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M12i.

学術書・マンガ・アニメ・映画の消費活動とプログラミングについて

GnuCashのインストール〜ログ&バックアップ設定

macOS

ちょっとした興味がわいて、これまでExcelでつけていた家計簿をGnuCashで運用するようにしようかと思いたって、実際インストールしてみた。

インストール自体はまあ簡単。

  1. GnuCashプロジェクトサイトのホームページにあるリンクから「GnuCash 2.4.11 のダウンロード」欄にあるMac OS X Intelなんかをクリック。
  2. ディスクイメージ・ファイル(.dmg)のダウンロードが自動開始される。
  3. ダウンロードしたファイルをダブルクリックして開く。
  4. 表示された内容ファイル一式をアプリケーション・ディレクトリ(/Applications)配下に作成したGnuCashディレクトリ(/Applications/GnuCash)にコピー。

f:id:m12i:20130303130305p:plain

問題は文字化けでここに書いてある方法で「今日のヒント」ほかの画面そのものの文字化けは解消したけれど、帳票──貸借対照表なんかを表示すると([帳票]→[資産・負債]→[貸借対照表)、日本語部分が化け化けでひどい有様。帳票表示中にツールバーに表示される[エクスポート]をクリックするとHTML形式で帳票を出力できて、これをブラウザなんかで表示する分には文字化けしないけど・・・。

最初に作成するGnuCashファイルはここに書いてあるとおり"A Simple Checkbook"あたりをベースにするのがよさそう。自分もそうした。家計簿のような用途ではあまり細かな分類は不要というのもあるけど、日本と欧米とで当然口座の種別のちがいというのもある。

ところでこのままだとGnuCashファイルを保存したのと同じディレクトリにログファイルやらバックアップファイル(?)やらがどばどば保存される。しかもGnuCashを終了したあともそのまま。これはさすがに邪魔くさいので、以下の通り[GnuCash]→[設定]で設定ウィンドウを表示し、[全般]タブ→[ログファイル保存期間]欄で[なし]を選択した。これでGnuCash起動中にしかログファイルその他が作成されなくなった。

f:id:m12i:20130303131810p:plain