読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M12i.

学術書・マンガ・アニメ・映画の消費活動とプログラミングについて

WindowsでValaを動かす

Vala

******************************
きょうはちょっと小休止。「JavaプログラマーからみたVala」は置いておいて、公式サイトにあった別のメモの翻訳を載せます。原典は、“Vala on Windows”(2011年3月14日取得)です。

******************************

Valaはいつもソースコードの形式でリリースされます。しかしValaコミュニティのメンバーが、Windows向けのバイナリを提供しています。.exeファイルとして提供されているインストーラにより、Windowsのための必要最低限のGNU環境(MinGW)──GlibやGTK+といったライブラリとともに、CコンパイラとValaコンパイラを提供します──をインストールできます。

インストールが終わると、次のようにしてValaプログラムをコンパイルできるようにります。

> valac hello.vala

GTK+ライブラリを使用したアプリを起動した際に、コンソールウィンドウが表示されてしまう問題を抑制するためには、次の手順をとってください。

  • MinGW API for MS-Windowsをダウンロードします。“w32api-x.xx-mingw32-dev.tar.gz”という形式の名前が付いたファイルです。*1
  • ダウンロードしたアーカイブファイルを、Vala(もしくはMinGW)がインストールされているディレクトリに展開します。*2
  • Valaコンパイラ“-X –mwindows”というオプションとともに呼び出します。*3
> valac -X -mwindows --pkg gtk+-2.0 hellogtk.vala

(最終更新: 2011年1月4日 13:04 /執筆: NicolasJoseph)

******************************

*1:訳者:“dev”という接尾辞のあるものです。

*2:訳者:前述の.exeを使用してValaコンパイラ環境をインストールすると、Cディレクトリ直下に“vala-x.xx.x”というディレクトリが作成されます。このディレクトリには、libincludeといったディレクトリが配置されています。MinGW API for MS-Windowsのアーカイブファイルを展開するとlibincludeといったディレクトリがあらわれるので、これらをC:\vala-x.xx.x\libC:\vala-x.xx.x\includeに上書きします。

*3:訳者: “-X –xxx”というのは“-xxx”の部分がCコンパイラに与えられるオプションであることをあらわしています。